TOP > スポンサー広告 > 平成19年合計特殊出生率1.34TOP > 政治社会 > 平成19年合計特殊出生率1.34

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成19年合計特殊出生率1.34 2008.07.05

06/05 2007年の合計特殊出生率1.34 前年比0.02ポイント増/厚労省
 厚生労働省が4日に発表した人口動態統計によると、2007年の合計特殊出生率(女性が生涯に産む子どもの数)は1.34で前年の1.32を上回った。ただし出生数は108万9,745人で前年比2,929人の減少。第3子以上が増えたが第1、2子が減っており、未婚・晩婚問題は解消していない。30歳代半ばの団塊ジュニア世代の出産による押し上げ効果がなくなれば、出生数の減少幅が拡大する可能性もある。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。