TOP > スポンサー広告 > グッドウィル二重派遣関連TOP > 労働一般 > グッドウィル二重派遣関連

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グッドウィル二重派遣関連 2008.07.05

06/04 グッドウィル二重派遣 逮捕の課長「利益優先」(日経)
 日雇い派遣大手、グッドウィルを巡る二重派遣事件で、同社課長の上村泰輔容疑者(37)=職業安定法違反ほう助容疑で逮捕=が警視庁保安課の調べに「二重派遣は違法と知っていたが、(派遣先の)東和リースは大口取引先で利益を優先したかった」と供述していることが4日、わかった。両社は約5年前から取引があったという。
 同課は両社の関係の深さが違法派遣を助長した背景にあるとみて調べるとともに、グッドウィルの神野彰史前社長ら同社幹部を任意で事情聴取して上層部の関与の有無を捜査している。
 調べによると、新宿区内の支店長だった上村容疑者らは2006年5月―07年6月、二重派遣されると知りながら、港湾運送会社の東和リースに労働者延べ27人を派遣した疑い。
 関係者によると、東和リースはフォークリフトリースがメーン事業だったが、港湾関係の人手不足を背景に派遣会社を通じて労働者を調達するようになったという。
 グッドウィルが東和リースに労働者の派遣を始めたのは約5年前からで、グッドウィルが吸収合併した別の人材派遣会社と同リースとの契約内容を継承したとされる。上村容疑者は二重派遣の違法性を認識しながらも「長い付き合いでやめられなかった」と供述しているという。
 同課は上層部の関与を解明するため、神野前社長た同社幹部を任意聴取。前社長は「当初は二重派遣をしていることは知らなかった」と関与を否定しているという。前社長は今年3月、グッドウィルが構成労働省東京労働局から事業停止命令を受けた責任を取り退任した。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。