TOP > スポンサー広告 > グッドウィル支店幹部ら逮捕へTOP > 労働一般 > グッドウィル支店幹部ら逮捕へ

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グッドウィル支店幹部ら逮捕へ 2008.07.05

06/03 グッドウィル支店幹部ら逮捕へ(日経)
 日雇い派遣大手のグッドウィルが禁止されている労働者の二重派遣を手助けしたなどとして、警視庁保安課は2日、同社新宿支店の幹部を職業安定法違反(労働者供給事業の禁止)ほう助などの容疑で近く逮捕する方針を固めた。
 同支店が派遣した労働者を、別の会社に二重派遣した港湾運送関連会社「東和リース」の幹部ら数人も同法違反容疑で逮捕する。
 これまでの調べによると、グッドウィルの新宿支店の幹部は2005年から2007年にかけ、労働者派遣法で禁じられた港湾運送業務に二重派遣されることを知りながら、東和リース側に労働者20数人を派遣した疑いが持たれている。
 東和リースの幹部らはグッドウィルから派遣された労働者を別の港湾運送会社に二重派遣し、同社の指揮監督下で荷役業務などに従事させた疑いがあるという。
 厚生労働省は今年1月、グッドウィルに対し、禁止業務への派遣や二重派遣を繰り返したとして全事業所を対象に2-4カ月の事業停止命令を出した。無許可で派遣事業をした東和リースについては、労働者を二重派遣したとして警視庁保安課に刑事告訴した。
 警視庁保安課は1月末、東和リースを職業安定法違反容疑で家宅捜索し、同時に関連先としてグッドウィルの新宿支店や本社なども捜索。グッドウィル側が危険業務に二重派遣されるのを知りながら東和リースに労働者を派遣した疑いが強いとみて捜査していた。労働者の二重派遣は雇用の責任があいまいになるほか、間に入る企業の手数料が増えて賃金が減る恐れがあることから、職業安定法で禁止されている。一方、労働者派遣法は港湾運送業務や建設など危険が伴う現場への派遣を禁じている。
【参考】
労働者派遣事業関係業務取扱要領 (最終改正 平成20年7月1日)


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。