TOP > スポンサー広告 > 雇用保険に関する業務取扱要領TOP > 労働保険 > 雇用保険に関する業務取扱要領

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雇用保険に関する業務取扱要領 2013.06.08

雇用保険に関する業務取扱要領(平成25年6月1日以降)
 http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/koyouhoken/data/toriatsukai_youryou.html

雇用保険の「業務取扱要領」。社労士の受験テキスト等では「行政手引き」と言われるもので、通達の一種ですがその都度発出される通達などと違い、まさしく「業務取扱要領」」(以下「要領」)で、雇用保険の行政事務(すなわちハローワークの職員の方の業務)の事務マニュアル。基本、この「要領」に従って業務を取扱い、何か業務上の不明点があればまずこの「要領」というもののようです。この「要領」は従来、一切行政からは公表されていませんでしたが、平成25年6月1日分より雇用保険関係の総てが厚生労働省のホームページに公開されました(厚生労働省6月7日新着情報「雇用政策」にて告知)。ちなみに、従来この「要領」を入手する方法は私の知りうる限りは下記のみでした。

行政文書情報販売店
  http://gyosei-bunsyo.net/koho.html
※社会保険労務士の榊原氏が情報公開法などにより行政機関等から入手したものを有料にて頻布。ホームページには平成25年度から厚生労働省より一般公表予定の旨が掲載されていました。

社労士業務において「要領」が無いと困るということはありませんでした。ただ、取扱いが不明な場合は行政の窓口で聞いて対応していたのですが、その時「要領ではこうなっていますが、この扱いでよろしいのでしょうか」とか「要領には無いのですが、どのように取り扱えばよろしいのでしょうか」などといった聞き方、根拠の確認ができるというところでしょうか。ただ、文章は読みづらく、解釈も簡単ではないので、直ちにアンチョコに使えるとかいうことでもないのですが。

受給のうえからは離職理由の決定に係わる21503(3)離職票の作成及び記載要領(適用関係第10~第13のp151)などは興味のあるところです。
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/koyouhoken/data/dl/toriatsukai_youryou_d.pdf

いずれにせよ、公開されることにより、行政の透明性は増す(隠す内容でもないので、なぜ今まで公開されなかったのか、そして何故「今」なのかよくわかりませんが)。「要領」を利用することにより、様々な法的サービスが提供できるかもしれないというところで、利便性は増すと思われます。


当ブログ記事の更新は「厚生労働省新着情報」を昨年10月5日に追加(記事の最終UPは昨年7月19日)して以来滞っていますが、今回の「要領」の公開はインパクトがあったので、久しぶりにUPしました。

で、チョッとブログを確認しようと思いアクセスすると、「http://ishimotosr.blog15.fc2.com(当ブログアドレス)が見つかりませんでした」、直ぐ回復しましたが無くなったのかと思いました。ただ、その後も同様の事象が起こっています。Yahoo!には登録していません、基本検索はGoogle経由だと思うので、Googleの問題なのか、FC2の問題なのか、ブログの記述の問題なのか(-_-;


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。