TOP > スポンサー広告 > 平成23年2月発表 労働統計TOP > 労働経済 > 平成23年2月発表 労働統計

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成23年2月発表 労働統計 2011.02.20

毎月勤労統計調査(平成22年12月分結果確報)(厚生労働省2/16)
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/22/2212r/dl/pdf2212r.pdf
【調査結果のポイント】
(前年同月比でみて)
○現金給与総額は0.1%増
○所定外労働時間は5.1%増
○常用雇用は0.6%増

毎月勤労統計調査(平成22年分結果確報)(厚生労働省2/16)
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/22/22r/dl/pdf22r.pdf
【調査結果のポイント】
(前年比でみて)
○現金給与総額は4年ぶりの増加
○所定外労働時間は3年ぶりの増加
○常用雇用は7年連続の増加

労働力調査(詳細集計) 平成22年平均(速報)
総務省統計局が21日公表した労働力調査詳細集計結果によると、完全失業者(334万人)のうち、失業期間が1年以上の完全失業者は121万人と1年前に比べ26万人増加し、比較可能な02年(平成14年)以降で最多となった。雇用者(役員を除く)5,111万人のうち、正規の職員・従業員は3,355万人と1年前に比べ25万人減少、非正規の職員・従業員は1,755万人と同34万人増加した。

平成22年平均(速報)結果の要約
  http://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/nen/dt/pdf/youyaku.pdf

一般職業紹介状況(平成23年1月分)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r985200000137pd.html
厚生労働省が1月28日発表した一般職業紹介状況によると、1月の有効求人倍率(季節調整値)は0.61倍で前月と同水準。正社員の有効求人倍率は0.40倍で前年同月比0.11ポイント上回った。都道府県別の有効求人倍率(季節調整値)をみると、最も高いのが福井県の1.03倍、最も低いのが沖縄県の0.30倍となった。
1月の有効求人(季節調整値)は前月に比べ2.0%増となり、有効求職者(同)は2.4%減。
1月の新規求人倍率(季節調整値)は1.02倍(前月比0.03ポイント増)。新規求人は前年同月比18.8%増(原数値)。
 
平成23年1月分労働力調査(速報)
http://www.stat.go.jp/data/roudou/rireki/tsuki/pdf/201101.pdf
3月1日発表1月の完全失業率(「労働力調査」総務省統計局)は前月と同率のの4.9%。男性は5.3%、女性は4.2%。完全失業者数は310万人で前年同月比13万人の減少。求職理由別に前年同月と比べると、「勤め先都合」は21万人の減少、「自己都合」は6万人の増加。また就業者数は6213万人で前年同月と同数。

〔その他厚生労働省3月1日発表の雇用関連概況〕

「休業等実施計画の受理状況(速報)」(1月)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000013gs7.html
 ・事業所数 56,023か所(前月比1,738か所減)
 ・対象者数 90万6,078人(前月比90,655人減)


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。