TOP > スポンサー広告 > 2011年新卒就職戦線 内定状況TOP > 雇用問題 > 2011年新卒就職戦線 内定状況

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年新卒就職戦線 内定状況 2010.11.23

平成22年度新卒者の就職内定状況(厚生労働省・文部科学省)
厚生労働省及び文部科学省では、毎年内定状況を調査発表していますが、平成23年3月大学等卒業予定者の10月1日現在(高校・中学校は9月末現在)の就職内定状況について11月16日発表しました。
今春の状況及び来春見込み(11月8日 第4回新成長戦略実現会議資料)

大学等卒業予定者の就職内定状況(平成22年10月1日現在)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000000weq7.html

(1) 大学の就職内定率は57.6%で前年同期を4.9ポイント下回る(就職内定率は平成8年度の調査開始以来過去最低の水準)。男女別にみると、男子は59.5%(前年同期を3.8ポイント下回る)、女子は55.3%(前年同期を6.3ポイント下回る)。
(2) 短期大学の就職内定率(女子学生のみ)は22.5%で、前年同期を6.5ポイント下回る。
(3) 高等専門学校の就職内定率(男子学生のみ)は93.8%で前年同期を0.9ポイント下回る。
(4) 専修学校(専門課程)の就職内定率は37.9%で前年同期を5.5ポイント下回る。
就職(内定)率の推移グラフ

高校・中学新卒者(平成22年9月末現在)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000000wggb.html

〔高校新卒者〕
(1)就職内定者数は7万1千人(前年同期比7.2%増)であり、就職内定率は40.6%で、前年同期を3.0ポイント上回る。就職内定率を男女別に見ると、男子は46.3%(前年同期を3.7ポイント上回る)、女子は33.0%(前年同期を1.7ポイント上回る)。
(2)求人数は15万1千人で、前年同期に比べ3.1%減少。
(3)求職者数は17万5千人で、前年同期に比べ0.7%減少。
(4)求人倍率は0.87倍となり、前年同期を0.02ポイント下回る。

〔中学新卒者〕
(1)求人数は7百人で、前年同期に比べ9.4%減少。
(2)求職者数は2千3百人で、前年同期に比べ19.2%減少。
(3)求人倍率は0.32倍となり、前年同期を0.04ポイント上回る。


第27回ワークス大卒求人倍率調査(2011年卒) 株式会社リクルート ワークス研究所(2010/4/21発表)
http://c.recruit.jp/library/job/J20100421/docfile.pdf

『2011年3月卒業予定の大学生・大学院生対象の大卒求人倍率は前年の1.62倍から1.28倍に低下、大企業は0.38倍から0.47倍、300人未満企業は8.43倍から4.41倍と、企業間の倍率差は縮小』( 第4回新成長戦略実現会議参考資料1より)

「従業員1000人未満企業」の求人総数は43.7万人(対前年▲12.9万人 ▲22.8%)。民間企業就職希望者数は20.2万人(対前年△4.7万人)。求人倍率は2.16倍。
一方、「従業員1000人以上企業」の求人総数は145万人(対前年▲1.4万人)。民間企業就職希望者数は25.3万人(対前年▲3.8万人)。求人倍率は0.57倍( 第4回新成長戦略実現会議参考資料1より)


賃金から見た大企業志向の蓋然性(賃金構造基本統計調査より)
採用側からは「安定ばかり追及」との声が聞かれますが(日本経済新聞11月17日朝刊)、現在の経済環境、また企業間格差とその固定性という経済構造からすれば必然かもしれません。

平成22年初任給

H21年齢階級別賃金比較


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。