TOP > スポンサー広告 > 「請負社員・派遣社員の働き方とキャリアに関するアンケート調査」速報TOP > 労働一般 > 「請負社員・派遣社員の働き方とキャリアに関するアンケート調査」速報

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「請負社員・派遣社員の働き方とキャリアに関するアンケート調査」速報 2010.10.03

東京大学社会科学研究所は27日、生産現場で派遣社員や請負社員として働く人々の就業実態とキャリアの現状と課題、さらに労働者派遣法改正による製造派遣禁止に関する評価などを明らかにすることを目的とした調査結果(速報)を発表した。。調査全体の概要に関しては、2010年11月末頃に人材フォーラムのホームページで公開する予定。

東京大学社会科学研究所
  http://issnews.iss.u-tokyo.ac.jp/2010/09/post-389.html

「請負社員・派遣社員の働き方とキャリアに関するアンケート調査」概要
  http://web.iss.u-tokyo.ac.jp/jinzai/調査結果速報_20100927.pdf


報告によると、調査対象は工場で生産業務に従事している請負社員・派遣社員4000人。日本生産技能労務協会の会員企業を通じて、2010年8月19日から調査票の配付を開始し、9月1日を投函の締め切りとし、有効回収率は56.9%。

回答者の属性は性別では男性が66.1%、女性が33.5% 。年齢は24歳以下が11.5%、25歳から29歳が19.2%、30歳から34歳が19.2%、35歳から39歳が18.1% 、40歳以上が30.7%で、平均年齢は35.3歳。学歴は高卒が69.2%、高専・短大卒が13.1%、大卒が9.8%。

労働者派遣法改正案による製造派遣禁止に対する意見では、派遣社員の55・3%が「反対」と答えた一方、「賛成」は13・5%にとどまった。反対理由は「禁止しても正社員の雇用機会は増えない」が69・5%とトップ。「派遣で働けなくなる」が65・9%と続いた。


労働者派遣という制度の是非を検証するものではなく、現実に派遣で働いている人に「派遣法が改正されたら、仕事がなくなっちゃううよね、どうする?」と聞いているだけのことですね。読み取るとすれば、正社員雇用への期待値の低さで、現在の企業の人事政策の反映でしょう。

人材フォーラム
  http://web.iss.u-tokyo.ac.jp/jinzai/
東京大学社会科学研究所において今年の3月まで、6年間株式会社スタッフサービス・ホールディングスの奨学寄附金で運営されていた人材ビジネス研究寄付研究部門の後継組織。

日本生産技能労務協会
  http://www.js-gino.org/
製造請負・派遣業界団体。当然労働者派遣法規制強化反対キャンペーン展開中。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。