TOP > スポンサー広告 > 平成22年7月発表 労働統計TOP > 労働経済 > 平成22年7月発表 労働統計

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成22年7月発表 労働統計 2010.07.19

毎月勤労統計調査(平成22年5月分結果確報)(厚生労働省7/16)
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/22/2205r/dl/pdf2205r.pdf
【調査結果のポイント】
(前年同月比でみて)
○現金給与総額は0.1%増
○所定外労働時間は10.4%増
○常用雇用は0.4%増

「雇用は増えているのか、減っているのか?」Weekly エコノミストレター(ニッセイ基礎研究所2010-07-09)
  http://www.nli-research.co.jp/report/econo_letter/2010/we100709.pdf
厚生労働省「毎月勤労統計」と総務省「労働力調査」の両統計を比較し、最近の雇用の動向を考察しているものですが、それぞれの統計を見るうえで参考になります。

一般職業紹介状況(平成22年6月分)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000000fm7w.html
厚生労働省が7月30日発表した一般職業紹介状況によると、6月の有効求人倍率(季節調整値)は0.52倍で前月比0.02ポイント上昇。正社員の有効求人倍率は0.28倍で前年同月比0.04ポイント上回った。都道府県別の有効求人倍率(季節調整値)をみると、最も高いのが群馬県の0.78倍、最も低いのが沖縄県の0.31倍となった。
5月の有効求人(季節調整値)は前月に比べ2.7%増となり、有効求職者(同)は1.2%減。
新規求人倍率(季節調整値)は0.88倍(前月比0.05ポイント増)。新規求人は前年同月比12.8%増(原数値)。
 
平成22年6月分労働力調査(速報)
http://www.stat.go.jp/data/roudou/rireki/tsuki/pdf/201006.pdf
同日発表の6月の完全失業率(「労働力調査」総務省統計局)は5.3%で前月と比べ0.1%上昇。男性は5.6%、女性は4.9%。完全失業者数は344万人で前年同月比4万人減少(20か月ぶりの減少)。求職理由別に前年同月と比べると、「勤め先都合」は20万人の減少、「自己都合」は8万人の増加。また就業者数は6,280万人で前年同月比20万人減少し29か月連続の減少。

〔その他厚生労働省7月30日発表の雇用関連概況〕

「休業等実施計画の受理状況(速報)」「大量雇用変動届の提出状況(速報)」(6月)
○休業等実施計画の受理状況
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000000grh4.html
 ・事業所数 75,901か所(前月比875か所減)
 ・対象者数 129万9,278人(前月比4万4,817人減)
○大量雇用変動届の提出状況
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000000grwv.html
  5月の離職者数 7,959人(前月比4,998人減)

非正規労働者の雇止め等の状況(6月速報)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000000fyhh-img/2r9852000000fyiy.pdf
平成20年10月から本年9月までに実施済み又は実施予定として、7月20日時点で6月報告以降に新たに把握できたもの。

 85事業所 3,071人
 就業形態別の対象人数の内訳は「派遣」が440人(14.3%)、「契約(期間工等)」が1,037人(33.8%)、請負が449人(14.6%)、その他1,145人(37.3%)。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。