TOP > スポンサー広告 > 平成21年賃金構造基本統計調査(全国)結果TOP > 労働経済 > 平成21年賃金構造基本統計調査(全国)結果

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成21年賃金構造基本統計調査(全国)結果 2010.02.28

2月24日、厚生労働省より「平成21年賃金構造基本統計調査(全国)結果」が公表された。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/52-21.html

企業規模別にみた賃金(抜粋)
企業規模別に賃金をみると、男性では、大企業が377.9千円(前年比1.0%減)、中企業が316.2千円(同2.6%減)、小企業が286.7千円(同2.8%減)、女性では、大企業が251.6千円(同0.2%増)、中企業が229.5円(同1.8%増)、小企業が207.8千円(同0.0%増)となっており、いずれの企業規模も、男性は前年を下回り、女性は前年を上回っている。また、大企業の賃金を100とすると、中企業の賃金は、男性で84(前年85)、女性で91(同90)、小企業の賃金は、男性で76(同77)、女性で83(同83)となっている。
賃金がピークとなる年齢階級を企業規模別にみると、男性では、いずれの企業規模も50~54歳で、大企業495.5千円(20~24歳の賃金を100とすると239)、中企業400.4千円(同201)、小企業334.7千円(同175)となっている。女性では、大企業及び中企業が45~49歳で、大企業289.1千円(同144)、中企業251.6千円(同131)であり、小企業が35~39歳で224.3千円(同127)となっており、男性に比べ賃金カーブが緩やかとなっている。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2009/dl/52-21i.pdf

雇用形態別の賃金(抜粋)
雇用形態別の賃金をみると、正社員・正職員310.4千円(平均40.6歳、勤続12.2年)、正社員・正職員以外194.6千円(平均44.2歳、勤続6.4年)となっている。男女別にみると、男性では、正社員・正職員337.4千円(前年比2.3%減)、正社員・正職員以外222.0千円(同0.9%減)、女性では、正社員・正職員244.8千円(同0.4%増)、正社員・正職員以外172.1千円(同0.9%増)となっている。
年齢階級別にみると、正社員・正職員以外は、男女いずれも年齢階級が高くなっても賃金の上昇があまり見られない。
正社員・正職員の賃金を100とすると、正社員・正職員以外の賃金は、男女計で63(前年62)、男性で66(同65)、女性で70(同70)となっている。なお、企業規模別では、大企業で56(同55)、主な産業別では、教育,学習支援業で57(同58)、卸売業,小売業で58(同54)と、賃金格差が大きくなっている。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2009/dl/52-21k.pdf


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。