TOP > スポンサー広告 > 介護職員のキャリアパスに関する懇談会TOP > 労務管理 > 介護職員のキャリアパスに関する懇談会

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護職員のキャリアパスに関する懇談会 2009.12.31

12月11日、厚生労働省による「介護職員のキャリアパスに関する懇談会」が開催されました。

「介護職員のキャリアパスに関する懇談会」の開催趣旨等について(配布資料より抜粋)

○ 今後、急速な高齢化の進展による介護サービスに対するニーズの増大が見込まれる中で介護人材の確保・定着は重要な課題であるが、介護職員については、
① 他産業と比較してその業務の割に賃金水準が低い
② 賃金カーブを見ると他産業と比較して賃金上昇率が低い
③ 仕事にやりがいを感じているもののキャリアアップが困難といった指摘がある。

○ こうした指摘等を踏まえ、厚生労働省としても介護職員の処遇改善にあたっては
① 平成21年4月の介護報酬プラス3.0%改定
② 介護職員(常勤換算)1人当たり平均月額1.5万円の賃金引き上げに相当する介護職員処遇改善交付金の創設
③ 雇用管理改善を行う事業主への助成等の各種介護関連対策予算の措置等の多様な施策を実施してきた。

○ これらの取組みに加えて、長期的に介護人材の確保・定着の推進を図るためには、介護職員が将来展望を持って介護の職場で働き続けることができるよう、能力・資格・経験等に応じた処遇が適切になされることが重要であり、こうしたキャリアパスに関する仕組みを、介護の職場に導入・普及していく必要があると考えている。

○ このため、介護分野の関係団体及び有識者による公開の意見交換会の場として本懇談会を設け、介護職員のキャリアパスの仕組みの普及・定着に向けての取組みの促進を図るものである。

とされています。また、『本懇談会は、平成22年度に導入を予定している介護職員処遇改善交付金のキャリアパスに関する要件を決定する場ではないが、本懇談会におけるご意見等については、厚生労働省においてキャリアパスに関する要件を決定する際に参考とさせていただくものとする。』としています。

介護職員処遇改善交付金については、本年10月から実施され、平成23年度まで予定されています。平成22年度以降の助成にあっては、基本的に平成21年度の取扱いに準じることが想定されていますが、キャリアパスに関する要件を満たしていない場合は助成額を減額することが予定されており、次年度以降の申請のハードルとなっているところかと思います。

介護職員のキャリアパスに関する懇談会(平成21年12月11日)
  http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/12/s1211-13.html
 ○資料1 介護職員のキャリアパスに関する懇談会の開催について
 ○資料2 介護職員のキャリアパスについて
 ○資料3 介護分野の人材確保・育成支援事業の概要

政策レポート(介護職員処遇改善交付金について)(厚生労働省12/28)
介護職員処遇改善交付金及び福祉・介護人材の処遇改善事業助成金の申請率について(厚生労働省12/25)

【関連レポート】
浜銀総合研究所~人事・労務レポート「めざまし人事」~
 09/11/30 介護職員の募集・採用に助成金を活かす方法をご存知ですか?
 09/10/07 介護サービス事業者のための各種助成金等のご紹介


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。