TOP > スポンサー広告 > 11月景気ウォッチャー調査TOP > 経済指標 > 11月景気ウォッチャー調査

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月景気ウォッチャー調査 2009.12.29

内閣府は8日、11月の景気ウォッチャー調査の結果を発表した。
 11月の現状判断DIは前月比7.0ポイント低下の33.9となり、現行統計を開始した2001年8月以降で最大のマイナス幅を記録した。家計動向関連、企業動向関連、雇用関連DIいずれも低下した。
 10月の先行き判断DIは、家計部門、企業部門、雇用関連部門総てで低下し全体としては前月比8.3ポイント低下の34.5となった。
 総合判断は、前月の「景気は下げ止まっていたものの、このところ弱い動きが広がっている」と2か月連続下方修正。

景気ウォッチャー調査(内閣府) 平成21年11月調査結果


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。