TOP > スポンサー広告 > 労働力調査4~6月期平均TOP > 労働経済 > 労働力調査4~6月期平均

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

労働力調査4~6月期平均 2009.08.23

総務省が18日発表した労働力調査(詳細結果)によると、2009年4~6月期平均の雇用者(役員を除く)数は5,105万人。
○非正規の職員・従業員は1,685万人と,前年同期に比べ47万人の減少(比較可能な03年以降で最大の減少幅)。正規の職員・従業員は3,420万人と、29万人の減少
雇用者に占める非正規の職員・従業員の割合は33.0%と,前年同期に比べ0.4ポイントの低下
年齢階級別に雇用者に占める非正規の職員・従業員の割合をみると、15~34歳(29.6%)では前年同期に比べ0.8ポイントの低下,35~54歳(28.7%)では0.4ポイントの低下,55歳以上(47.3%)では0.1ポイントの低下

労働力調査(詳細調査)4~6月期平均(速報)結果 (総務省)
  http://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/4hanki/dt/index.htm#01
 ○労働力調査(詳細集計)平成21年4~6月期平均(速報)結果の概要


日本経済新聞社は8月21日付朝刊で昨年9月以降に希望退職や退職勧奨、解雇など具体的な方法を明らかにして正社員を削減すると発表した上場企業185社のうち、従業員の削減数を明らかにした175社の集計で(人員削減は発表しているが具体的な方法を公表していないソニーやパナソニックなどは含まない)、『希望退職に2万3千人余りが応じ、また企業倒産による失職も8万5千人に達しており、国内で10万人を超える正社員が離職した』と報じています。


「雇用止め」その後のデータ ~派遣労働者の離職は鈍化、正社員は悪化~
             (第一生命経済研究所 経済調査部 2009年8月17日発表)
  http://group.dai-ichi-life.co.jp/dlri/kuma/pdf/k_0908d.pdf


【ブログ内記事】
雇用調整のニュース(1)(2009.01.27)


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。