TOP > スポンサー広告 > 平成21年人事院勧告TOP > 労働一般 > 平成21年人事院勧告

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成21年人事院勧告 2009.08.15

人事院は11日、平成21年度の一般職国家公務員の給与について、国会と内閣に勧告しました。

給与勧告の骨子(抜粋)
○ 本年の給与勧告のポイント
  月例給、ボーナスともに引下げ
   ~ 平均年間給与は△15.4万円(△2.4%) 、平成15年の平均△16.5万円(△2.6%)に
     次ぐ大幅な引下げ
① 公務員給与が民間給与を上回るマイナス較差(△0.22%)を解消するため、月例給の引下げ改定
  - 俸給月額の引下げ、自宅に係る住居手当の廃止
② 期末・勤勉手当(ボーナス)の引下げ(△0.35月分)
③ 超過勤務手当等について、時間外労働の割増賃金率等に関する労働基準法の改正を踏まえた改


平成21年8月人事院勧告(8月11日)
http://www.jinji.go.jp/kyuuyo/f_kyuuyo.htm

給与勧告の仕組みと本年の勧告のポイント

骨子
 ○ 給与勧告の骨子 
 ○ 公務員人事管理に関する報告の骨子


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。