TOP > スポンサー広告 > 5月の景気ウォッチャー調査TOP > 経済指標 > 5月の景気ウォッチャー調査

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月の景気ウォッチャー調査 2009.06.10

内閣府は8日、5月の景気ウォッチャー調査の結果を発表した。
 5月の現状判断DIは36.7で、前月比2.5ポイント上昇。先月同様家計動向関連、企業動向関連、雇用関連のすべてのDIが上昇し、5ヶ月連続の上昇となった。雇用関連DIは、新規求人数が依然少ないものの、離職者の増加テンポが緩やかになってきていること等から、上昇した。
 5月の先行き判断DIも、家計動向関連、企業動向関連、雇用関連のすべてのDIが上昇前月比3.6ポイント上昇の43.3となった。判断理由のなかで、雇用部門については、厳しい状況ながらも、一部での新規求人に対する期待等から、上昇した。
 景気ウォッチャーによる判断を総合すると、景気の現状は厳しいものの、悪化に歯止めがかかりつつあるとのことであった(総合判断は前月と不変)。

景気ウォッチャー調査(内閣府) 平成21年5月調査結果

景気ウォッチャー調査現状DI(09.05)


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。