TOP > スポンサー広告 > 新聞記事の著作権についてTOP > ひとりごと > 新聞記事の著作権について

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新聞記事の著作権について 2009.05.03

 以前は、スクラップとして、機械的に記事をタイプしていました。ふと思って、新聞記事の著作権について確認してみると、パーフェクトに著作権侵害に該当。以前、新聞記事には著作権がないという判決記事を読んだことがあり問題ないと思っていたのですが、許されるのは「事実の伝達に過ぎない雑報及び時事の報道」(著作権法10条2項)にすぎなかったのですね。私的利用はいいのですが、ネット上のスクラップは当然ダメ。こうなるとブログタイトルからして怪しげですね。
 各新聞社等のネット上の記事へのリンクも制約があります。リンクはトップページに限定していますが、これなんか、一定期間経つと記事が分らなくなります、で結構サイト内での検索は使い勝手が悪いんですよね。リンクが貼ってあると、だいたい、リンク元の記事を確認しますので閲覧数が増えるメリットもあるのですから、もう少し対応を考えてほしいとも思うのですが。まあ、しばらくするとリンク切れになるのでしませんが。
 ということで、確認した時点で、過去掲載したものについてかなり削除しました。いくつか残っておりますが、超零細ブログということで大目にみてほしいものです。現在、著作権に抵触しないよう慎重に記事を書いています(いるつもりです)。基本的にはソースの確認できるもの、たとえば企業情報だとプレスリリースされたものについてその内容に基づき書くとか、新聞記事をベースにする場合は「抄録」に留めるとか。結果的に、行政ベースの内容が多くなり、行政の追っかけのようになってしまいます(行政の著作物にも当然著作権がありますが、その利用に関しては寛容です)が、しかたありません。やぶへびになるのであまり書きたくなかったのですが、ラインオーバーを防ぐ意味で書いておくことにしました。
 折りしも、「無断配信コンテンツのダウンロードの禁止」等を盛り込んだ著作権法の改正案が3月10日国会に提出されています。
 
【著作権について】
 日本新聞協会   http://www.pressnet.or.jp/info/kenk19971100.htm
 日本経済新聞社 http://www.nikkei.co.jp/privacy/kijiriyou.html
 朝日新聞社    http://www.asahi.com/policy/copyright.html
 読売新聞社    http://www.yomiuri.co.jp/policy/copyright/
 毎日新聞社    http://mainichi.jp/info/etc/copyright.html
 産経デジタル    http://www.sankei-digital.co.jp/others/iproperty.html
 共同通信社    http://www.kyodo.co.jp/sitepolicy/index.html
 情報の自由な流通か、はたまたただ乗りか?-新聞記事の利用に関しての著作権の分析-〔ネットワーク時代の知的所有権入門第30回(INTERNET magazine p.360-363) ネットワーク知的所有権研究会 弁護士 佐藤義幸〕


著作権法の一部を改正する法律案
  http://www.mext.go.jp/b_menu/houan/an/171/1251917.htm(文部科学省)  概要


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。