TOP > スポンサー広告 > 要介護認定基準見直し 批判相次ぎ 厚労省検証会設置へTOP > 社会保険 > 要介護認定基準見直し 批判相次ぎ 厚労省検証会設置へ

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

要介護認定基準見直し 批判相次ぎ 厚労省検証会設置へ 2009.04.10

『厚生労働省は9日、4月から改定した介護認定の判定基準について、介護サービスの水準が急激に低下しないよう配慮する激変緩和措置の検討に入り、来週にも判定基準の適否を検証する検証委員会を開く』との報道。(4月10日 NHK、日本経済新聞、毎日新聞など)

【経緯】

要介護認定の現状と検討会設置(見直し)の背景

  第1回要介護認定調査検討会(平成18年10月10日)資料
  http://www.mhlw.go.jp/shingi/2006/10/dl/s1010-9b.pdf

   ※要介護認定調査検討会(平成18年10月10日~平成20年11月25日 6回開催)

認定調査員新テキスト(2009)は昨年12月に自治体に配布
                     1月下旬から自治体が調査員向けに研修会を開催。

厚生労働省、新 「要介護認定制度」に関する意見募集(パブリックコメント)開始(平成21年1月30日)
  「要介護認定等基準時間の推計の方法の一部改正について」(厚生労働省老健局老人保健課)
  http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=Pcm1010&BID=495080382&OBJCD=100495&GROUP  
  「要介護認定等基準時間の推計方法」(平成12年厚生省告示91号)別表第1から別表第8の改正 別表

利用者の団体・医療・介護関係者などから「実態より軽く判定される」という反発が相次ぐ。

  『「要介護認定制度の見直し」に対し、今春からの新認定システムの実施凍結を求める』(民医連平成20年01月30日)
  http://www.min-iren.gr.jp/seimei-kenkai/2009/data/090130.pdf

厚生労働省、新テキストの修正・再配布(3月24日)も、サービス水準の低下の懸念は消えず。

  「認定調査員テキスト2009」平成21年3月24日(厚生労働省老健局)
  http://www.mhlw.go.jp/topics/kaigo/nintei/dl/01.pdf(リンク切れです)

※この間の経緯等については、日本経済新聞(4月7日夕刊生活面)、東洋経済オンライン(4月7日社会・政治)などで報じられています。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。