TOP > スポンサー広告 > 米3月失業率8.5%に悪化TOP > 海外情報 > 米3月失業率8.5%に悪化

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米3月失業率8.5%に悪化 2009.04.08

 米労働省が4月3日発表した3月の雇用統計(速報、季節調整済み)によると、失業率は前月より0.4ポイント高い8.5%に悪化、1983年11月以来25年4カ月ぶりの高水準となった。景気動向を敏感に反映する非農業部門の就業者数は66万3,000人減少、15カ月連続で前月水準を下回った。

 これに対して当日のNY市場は予想の範囲内として大きな反応を示さなかった。日本経済新聞の8日夕刊では米「ビジネス・ラウンドテーブル」(日本の日本経団連に相当)が7日に発表した今後6カ月間の経済見通し指数について掲載してる。それによると、全体の約7割が米国で雇用数をさらに絞り込む計画を示しているが…。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。