TOP > スポンサー広告 > 外国人実習生の残業代200円TOP > 労務管理 > 外国人実習生の残業代200円

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人実習生の残業代200円 2008.03.05

03/04 外国人実習生に残業代200円 雇用者、異例の逮捕(時事通信) 
 中国人技能実習生に長時間の残業をさせ、法定の割増賃金を支払っていなかったなどとして、和歌山労働基準監督署は4日、労基法違反の疑いで、縫製業「佐賀ニット」(和歌山県紀の川市)経営古野太久磨(62)、共同経営者の妻秀世(57)の両容疑者を逮捕した。
 同労基署によると、外国人技能実習生に対する長時間労働、割増賃金不払い容疑での逮捕は全国初。
 古野容疑者は全面的に否認、秀世容疑者は「全部自分がやった」と話しているという。
 調べによると、2人は技能実習生の中国人女性2人に対し、昨年1月20日から同 10月 19日までの間、労使協定を大幅に超える時間外労働、休日労働に従事させた上、法定の割増賃金を払わなかった疑い。2人の残業代は時間当たりわずか 200円で、被害総額は2人合わせ約 200万円に上るという。
 古野容疑者は実習生の受け入れ機関「平成ニット協同組合」の代表理事を務めており、同労基署は同組合などを家宅捜索。組合の関与の有無も調べる。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。