TOP > スポンサー広告 > パートの大半を正社員にロフトTOP > 労務管理 > パートの大半を正社員にロフト

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パートの大半を正社員にロフト 2008.03.05

03/02 ロフト パートの大半を正社員に、16日から人事制度見直し(時事通信)
 雑貨専門店ロフト(東京)は2日、現行の人事制度を見直して現状 2,900人ほどのパートと契約社員のうち、無期雇用を希望する約 2,350人について、16日から正社員とする方針を明らかにした。パート、契約社員、正社員という区分を撤廃し、「同一労働、同一賃金」の実現を目指す。
 これに合わせ、給与体系や労働時間なども柔軟化。多様な働き方に対応できる態勢を整え、「1年未満で7割が辞める」(同社)とされる人材の定着率向上を図る。
同社の従業員は約 3,330人で、このうち正社員が約 400人、契約社員(1年契約)が約 280人、パート(半年契約)が約 2,650人。
 大多数を占めるパートは、レジ打ちなどの「フロント」業務を担当しているが、今回、職能資格を3段階から8段階に細分化し、習熟度に応じてより高い給与が得られる仕組みに変更。従来契約社員が担っていた売り場の「リーダー」業務や、正社員が行っていた店舗や本部の管理業務などにも就けるようにするほか、労働時間も週 20 ~ 40時間の間で選択できるようにする。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。