TOP > スポンサー広告 > 平成20年賃金構造基本統計調査(全国)結果TOP > 労働経済 > 平成20年賃金構造基本統計調査(全国)結果

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成20年賃金構造基本統計調査(全国)結果 2009.03.26

3月25日、厚生労働省より「平成20年賃金構造基本統計調査(全国)結果」が公表された。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2008/index.html

統計を見る上で留意する点は(「主な用語の定義」より)

「賃 金」
当概況に用いている「賃金」は、平成20年6月分の所定内給与額をいい、すべて平均所定内給与額である。
所定内給与額とは、労働契約等であらかじめ定められている支給条件、算定方法により6月分として支給された現金給与額(きまって支給する現金給与額)のうち、超過労働給与額(①時間外勤務手当、②深夜勤務手当、③休日出勤手当、④宿日直手当、⑤交代手当として支給される給与をいう。)を差し引いた額で、所得税等を控除する前の額をいう。

「企業規模」
調査労働者の属する企業の全常用労働者数の規模をいい、当概況では、常用労働者 1,000人以上を「大企業」、100~999人を「中企業」、10~99人を「小企業」に区分している。

注目している部分は

企業規模別にみた賃金
 企業規模別に賃金をみると、男では、大企業が381.8千円、中企業が324.6千円(大企業の賃金を100とすると85)、小企業が294.9千円(同77)、女では、大企業が254.0千円、中企業が254.4円(同90)、小企業が207.7千円(同83)となっている。前年と比べると、大企業では、男が3.1%、女が0.4%それぞれ低下し、男女とも前年を下回っている。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2008/dl/kigyou.pdf

雇用形態別の賃金
 雇用形態別の賃金をみると、正社員・正職員316.5千円(平均40.4歳、勤続12・5年)、正社員・正職員以外194.8千円(平均43.8歳、勤続6.3年)となっている。男女別にみると、男では、正社員・正職員345.3千円(前年比0.6%減)、正社員・正職員以外224.0千円(同0.1%減)、女では、正社員・正職員249.3千円(同0.2%増)、正社員・正職員以外170.5千円(同1.0%増)となっている。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2008/dl/koyou.pdf

短時間労働者の賃金
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2008/dl/tanzikan_roudousya.pdf


「大企業」「大卒」「正社員」が有利―日本人の貧富拡大(プレジデントロイター(2009年2月18日)
  http://president.jp.reuters.com/article/2009/02/18/9021DD46-F97E-11DD-849B-AB073F99CD51.php


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。