TOP > スポンサー広告 > GDPマイナス12.7%TOP > 経済指標 > GDPマイナス12.7%

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GDPマイナス12.7% 2009.02.17

GDPマイナス12.7%

35年ぶりの減少率

10-12月実質年率、3四半期連続減

     内外需総崩れ 輸出落ち込み最悪

『 内閣府が16日発表した2008年10-12月期の国内総生産(GDP)速報値は物価変動の影響を除いた実質で前期比3.3%減、年率換算で12.7%となった。マイナス成長は3・四半期連続。減少率は第一次石油危機だった1974年1-3月期の年率13.1%に続く約35年ぶりの大きさ、世界不況の影響で輸出が過去最大の落ち込みとなり、個人消費、設備投資も大きく減った。日本経済は欧米に比べても落ち込み幅が大きい内外需総崩れの状態。09年1-3月期もマイナスとなる公算が大きく、政府・与党は追加経済対策の検討を急ぐ。』(日本経済新聞夕刊2月16日)




『 「マイナス12%ショック」ともいえる日本経済の記録的なマイナス成長の大半は海外需要の低迷に伴う輸出の減少で説明がつく。08年10-12月期の実質GDPの前期比減少率の3.3%のうち、外需の寄与度はマイナス3%に達した。』(日経新聞朝刊2月17日)

いやいや、なかなかすばらしい見出しだ、一目でわかる

2次速報値(内閣府3月12日発表)
実質GDPの成長率は前期比3.2%減、年率換算12.1%減、1次速報値(前期比3.3%減、年率換算12.7%減)を上方修正。実質GDPのマイナス成長は3期連続。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。