TOP > スポンサー広告 > 沖縄、労働環境悪化進むTOP > ひとりごと > 沖縄、労働環境悪化進む

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄、労働環境悪化進む 2008.02.24

 日本経済新聞2月23日九州経済面、沖縄の労働環境の現況の支局長記事。以下、要約『沖縄は失業率が全国一高く、県民所得は全国一低い。その理由を一言で言えば、企業の収入が働く側に十分分配されていない。日銀那覇支店の調査によれば、沖縄県全産業ベースと全国の中小企業との比較で、沖縄県は上高人件費比率は大幅に低く、売上高経常利益率は7割近くも多い。沖縄への観光客は昨年、6年連続で過去最高を更新。しかし、昨年の一般労働者の所定内平均月給は227,400円と全国で最低。生活保護世帯は2005年から3年連続で過去最多を更新。全体の繁栄が個人の豊かさに反映されない構造的問題を抱えている。県内の完全失業率は2001年の8.4%をピークに低下し、昨年は7.4%。その半面、非労働力人口が2007年までの3年間で24,000人も増えている。沖縄が抱える本当の問題は失業率の高さではない。県民、とりわけ若い世代が働く意欲を失っていることだ』

日本の中で沖縄は相対的に厳しい労働環境にある。しかし、日本の縮図という見方もできる。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。