TOP > スポンサー広告 > 2008年下半期回顧TOP > ひとりごと > 2008年下半期回顧

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年下半期回顧 2009.01.21

2008年下半期回顧 『それは2008年にやって来た』

7月
  1日 ガソリン価格180円台
 11日 NY原油(WTI)147ドル(史上最高値)

8月
  7日 月例経済報告「景気は、このところ弱含んでいる」と下方修正
  8日 北京オリンピック(~24日) 北島康介平泳ぎ100・200m2冠が印象
 13日 4-6月期GDP(速報値) 実質年率▲2.4%(1年ぶり減)

9月
  1日 福田康夫首相退陣を表明 『私はあなたとは違うんです』
  7日 米連邦住宅抵当公社(ファニーメイ)連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)政府管理下に
  9日 厚生労働省「管理監督者」の判断基準通達  通達  Q&A
 15日 米証券大手リーマン・ブラザーズ破綻
 17日 米保険大手AIG救済決定、政府管理下に
 24日 麻生首相指名、新内閣
 29日 米下院「金融安定化法案」否決 NY株史上最大の下落幅(777ドル安)

10月
  1日 日銀短観(9月) 景況感5年ぶりマイナス
  7日 日経平均 一時1万円割れ
  8日 世界10中銀、同時利下げ
 10日 日経平均 一時1000円下げ(8200円割れ)
 17日 日経平均1089円安 過去2位の下落率
 27日 日経平均26年ぶり安値(7162円) 2003年4月バブル崩壊後の最安値を下回る
 31日 日銀、0.2%利下げ

11月
  4日 米大統領にオバマ氏 『Yes We Can 』
 28日 有効求人倍率0.80倍 先月比低下(9カ月連続、2004年5月以来)
      〔厚生労働省調査〕
      10-3月失業見込み非正規労働者3万人、学卒採用内定取り消し331人
      厚生労働省緊急雇用対策本部設置

12月
 15日 日銀短観(12月) 景況感34年ぶり悪化幅
 16日 米 事実上ゼロ金利
      7-9月期GDP(速報値) 実質年率▲0.4%(2期連続)
 17日 1ドル=87円
 18日 NY原油(WTI)一時37ドル台
 19日 日銀、0.2%利下げ(0.3%⇒0.1%)
 22日 月例経済報告「悪化している」に下方修正
      トヨタ09年3月期業績予想下方修正 戦後初の赤字転落
 26日 雇用 急激な悪化鮮明
      〔厚生労働省調査〕
      10-3月失業見込み非正規労働者8万5千人、学卒採用内定取り消し769人
 29日 麻生内閣 支持21% 不支持73%(日経新聞、東京テレビ共同世論調査)

「スクラップ&ビルド」「創造と破壊」。それは避けることができないようだ。リーマン破綻を契機とする米国の金融危機は欧州に飛び火し瞬く間に世界に広がった。100年に一度ともいわれる金融危機、このところの紙面は当時に比べるとおとなしい。しかし、実体経済の悪化は深刻度を増している


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。