TOP > スポンサー広告 > 「名ばかり管理職」見直しTOP > 労務管理 > 「名ばかり管理職」見直し

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「名ばかり管理職」見直し 2008.07.06

06/14 「名ばかり管理職」見直し 流通業に広がる(日経)
 店長に残業代を支払う動きが流通・サービスの幅広い業種に広がってきた。外食・紳士服、コンビニエンスストアに加え、第一興商などカラオケ店大手が支払いを決め、メガネ店のメガネトップ、メガネスーパーも検討に入った。支払う義務のない管理職店長に長時間労働を強いる「名ばかり管理職」問題を受け、これまで処遇改善に着手した大手は16社。社会的批判をかわすとともに人材をつなぎ留める狙いで、追随する企業が増えそうだ。
 労働基準法では経営側と一体的な立場の「管理監督職」に残業代を支払う義務はない。流通業などでは店長を管理監督者である管理職と位置づける例が多いが、日本マクドナルド店長の処遇を巡る訴訟で東京地裁が1月、同社に残業代支払を命じる判決を出した。5月にマクドナルドが支払いを決めたのを受け、見直しが加速している。
 カラオケ店チェーン2位で「ビッグエコー」を運営する第一興商は4月から、直営店の店長の管理職扱いは変えないまま残業代を支給。来年3月までに子会社運営の店舗に広げる。同5位でAOKIホールディングス傘下のヴァリック(横浜市)は10月から店長を非管理職に変えて支払う。
 メガネ専門店チェーン大手のメガネトップは今秋にも店長を管理職から外して支払う方向で、メガネスーパーも支払いを含めて改善策を検討中だ。両社とも最大手の三城に次ぐ規模。
 外食は「ロイヤルホスト」のロイヤルホールディングスや居酒屋チェーンのワタミも処遇改善を検討している。ドラッグストア大手のスギ薬局は管理職のまま残業代を支払わない代わり、店長の権限を拡大する予定だ。
 スーパーなどは店舗規模や店長の権限が大きいため、今のところ名ばかり管理職問題は表面化していない。これに対し専門店・外食企業は店舗が小さいうえに正社員も少なく、権限が店内に限られる場合が多い。
 このためローソンや日本ケンタッキー・フライドチキンなどは以前から以前から非管理職にして残業代を払ってきた。
 今後も店長が営業方針など経営にかかわっていないにも拘わらず管理職扱いにしてきた企業の多くは見直しをせまられそうだ。
店長の処遇を改善する流通大手
紳士服店
 ◎青山商事(4月)AOKIホールディングス(5月)、コナカ(07年10月)、はるやま商事(5月)
外食店
 ○日本マクドナルド(8月)、カルラ(09年3月)
 □ロイヤルホールディングス、すかいらーく、ワタミ
コンビニエンスストア
 ○セブン-イレブン・ジャパン(3月)、九九プラス(10月)
カラオケ店
 ○第一興商(09年3月までに)
 ◎ヴァリック(10月)
眼鏡店・ドラッグストア
 □メガネトップ、メガネスーパー、スギ薬局 

◎=店長を非管理職にして残業代を支払う ○=管理職のまま支払う □=残業代支払や権限拡大などを含めて改善を検討。カッコ内は支払開始時期、予定含む


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。