TOP > 政治社会

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会保障・税一体改革 資料 2012.07.08

内閣官房 トップページ 〉 政策課題
社会保障 改革
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/syakaihosyou/index.html#kakugihoukokuArea
  
平成24年8月10日 関連8法案成立
社会保障・税一体改革に関連する国会提出法案等
  http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/syakaihosyou/houan.html
首相官邸 社会保障・税一体改革ページ
  http://www.kantei.go.jp/jp/headline/syakaihosyou.html#t3

財務省 〉 社会保障と税の一体改革
http://www.mof.go.jp/comprehensive_reform/index.htm
これまでに決定したもの
平成24年2月17日
社会保障・税一体改革大綱(閣議決定)
平成24年3月30日
社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法等の一部を改正する等の法律案(閣議決定・国会提出)
概要法律案要綱法律案のその他の資料

解説資料(社会保障・税一体改革素案の概要など)
◎説明会資料(平成24年2月17日 最新版)
社会保障・税一体改革について(社会保障税一体改革素案の概要)
参考資料

財政制度等審議会 財政制度分科会(平成23年7月25日)
http://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia230725.html
1 議題
○社会保障・税一体改革成案
○平成21年度国の財務書類
2 配付資料
資料1-1 社会保障・税一体改革の概要

TBS Newsi
トップページ 〉 社会保障と税の一体改革
http://news.tbs.co.jp/newsi_sp/syakaihosyou/index-j.html
 〉 これまでの動き 〉 バックナンバー
http://news.tbs.co.jp/newsi_sp/syakaihosyou/backnumber.html


スポンサーサイト

3.11 東日本大震災 2011.12.11

 3月11日14時46分に三陸沖を震源とするマグニチュード9.0の巨大地震が発生、この地震により宮城県栗原市で震度7、宮城県、福島県、茨城県、栃木県で震度6強など広い範囲で強い揺れを観測しました。また、この地震により、場所によっては波高10m以上、最大遡上高40.5mにも上る大津波が発生し、東北地方と関東地方の太平洋沿岸部に壊滅的な被害をもたらしました。津波が沿岸を飲み込む映像は言葉では言い尽くせません。死者・行方不明者は12月現在、約2万人にものぼります。さらに、この地震と津波による被害を受けた東京電力福島第一原子力発電所では、全電源を喪失して原子炉を冷却できなくなり、大量の放射性物質の漏洩を伴う重大な原子力事故に発展しました(福島第一原子力発電所事故)。
 気象庁はこの地震を「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」と命名しました。また、東北地方太平洋沖地震による災害については「東日本大震災」と呼称することが閣議決定(4月1日)されています。


東日本大震災関連情報(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000016eu3.html

東日本大震災 ~東北地方太平洋沖地震~ 関連ポータルサイト(気象庁)
http://www.jma.go.jp/jma/menu/jishin-portal.html

【図解・社会】東日本大震災・福島第一原発の原子炉の状況(時事ドットコム 2011年12月16日)
http://www.jiji.com/jc/v?p=ve_soc_jishin-higashinihon20111216j-04-w640

東日本大震災後の福島第一・第二原子力発電所の状況(東京電力)
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/index-j.html
地震及び津波の発生と事故の概要(795KB)[2011年12月16日]
  http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/images/f12np-gaiyou_1.pdf
福島第一・第二原子力発電所の現況(1.50MB)[2011年12月16日]
  http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/images/f12np-gaiyou_2.pdf

「しんぶん赤旗」 キーワード「原発」時系列記事一覧から抜粋
http://www.jcp.or.jp/akahata/web_keyword/key368/
福島原発/溶融燃料65センチ侵食/格納容器床 あと30数センチで貫通(しんぶん赤旗2011.12.1)
  http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-12-01/2011120115_02_1.html

原発災害を考える 歴史的検証と未来への提言/BS11番組 不破社研所長語る(しんぶん赤旗)
  http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-06-29/2011062906_01_0.html

福島第1原発/2・3号も炉心溶融/東電公表 圧力容器が損傷(しんぶん赤旗2011.5.25)
  http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-05-25/2011052501_01_1.html

「科学の目」で原発災害を考える/社会科学研究所所長 不破哲三(2011.5.14)
  http://www.jcp.or.jp/seisaku/2011/20110510_fuwa_genpatsu.html

福島原発1号機 核燃料の大半 溶融/圧力容器の底に落下 漏水も(しんぶん赤旗2011.5.13)
  http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-05-13/2011051301_01_1.html

沖縄と福島 「国策」の論理(しんぶん赤旗2011.4.12)
  http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-04-12/2011041201_04_1.html

原発事故 そこが知りたい/スリーマイル島の場合(しんぶん赤旗2011.4.10)
  http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-04-10/2011041016_01_0.html

原発事故 そこが知りたい/過去最悪 チェルノブイリの場合(しんぶん赤旗2011.4.8)
  http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-04-08/2011040816_01_0.html


「地域ブランド調査2010」調査結果 2010.10.03

 この調査は株式会社ブランド総合研究所が国内1000の市区町村及び47都道府県を対象に、認知度や魅力度、イメージなどからなる調査を実施ししているもので、今年で5回目の実施(年1回実施)。日本経済新聞9月27日朝刊に掲載されていましたが、プレスリリースは9月7日にされていました。
 
最も魅力的な市区町村に札幌市が返り咲き!
「地域ブランド調査2010」調査結果 ブランド総合研究所(2010年9月7日 プレスリリース)
  http://www.tiiki.jp/corp_new/pressrelease/2010/20100908.html

結果は、全国で最も魅力的な市区町村は札幌市、2位は前年度初めて1位となった函館市、その他小樽市(5位)、富良野市(8位)とベスト10に北海道から4市が入っています。札幌には4年5か月住んで、仕事で各所に行っていましたので郷愁で記事に目が行きました。ただ、冬の暖房費は半端ではないので、もし今住んでいたらどうなんだろうなんて考えたりします。


第176臨時国会召集 2010.10.03

10月1日に第176臨時国会が召集されました。会期は9月30日開かれた衆議院議院運営委員会の理事会において12月3日までの64日間とすることで与野党が合意しています。

個人的に注視しているのは労働者派遣法改正案の行方です。細川律夫厚生労働大臣は継続審議となっている労働者派遣法改正案の成立を目指す方針のようですがですが、「ねじれ国会」の中、今年度補正予算案や郵政改革法案など重要法案も目白押しに加え尖閣諸島沖の中国漁船の衝突事件などもあり、審議の難航が予想されます。


第22回参議院議員選挙 結果 2010.07.18

第22回参議院議員選挙は7月11日投票、即日開票された。民主党は改選54議席に届かず44議席と大敗、国民新党と合わせた与党で過半数を割り込んだ。自民党は改選38議席を大幅に増やし51議席を獲得、改選第1党となった。
 参院で過半数を占めていたゆえの、安定政権であったが、この結果、予算、条約の承認、首相指名については憲法が衆院の優越性を定めているが、衆参両院での可決が必要な一般法の法案は、与党の意向に沿った形での成立は難しくなった。しかも参院の17の常任委員会のうち16で野党の委員が過半数を占め、野党全員が欠席すれば、委員会も開けない。法案採決の前に審議入りもできなくなる可能性がある。また、民主党は連立を組む国民新党と合わせても衆院で3分の2に満たないので、参院で否決された法案を衆院で3分の2以上の多数で再可決・成立させるということもできず、自民党が与党の2007年の「ねじれ国会」よりも状況は厳しい。

【新勢力分野】
第22回参議院議員選挙結果



«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。