TOP > 労働経済

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成24年4月~平成25年3月失業率・求人倍率 2012.07.19

労働力調査(総務省)
http://www.stat.go.jp/data/roudou/rireki/gaiyou.htm(結果概要)
03月 完全失業率 4.1% 完全失業者数 280万人
02月 完全失業率 4.3% 完全失業者数 277万人
01月 完全失業率 4.2% 完全失業者数 273万人
※労働力調査結果表の一部変更の主な内容(平成25年1月分結果以降)
http://www.stat.go.jp/data/roudou/pdf/121228.pdf
12月 完全失業率 4.2% 完全失業者数 259万人
11月 完全失業率 4.1% 完全失業者数 260万人
10月 完全失業率 4.2% 完全失業者数 271万人
09月 完全失業率 4.2% 完全失業者数 275万人
08月 完全失業率 4.2% 完全失業者数 277万人
07月 完全失業率 4.3% 完全失業者数 288万人
06月 完全失業率 4.3% 完全失業者数 288万人
05月 完全失業率 4.4% 完全失業者数 297万人
04月 完全失業率 4.6% 完全失業者数 315万人

一般職職業紹介状況(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/114-1.html
03月 有効求人倍率 0.86倍 新規求人倍率 1.39倍
02月 有効求人倍率 0.85倍 新規求人倍率 1.35倍
01月 有効求人倍率 0.85倍 新規求人倍率 1.33倍
12月 有効求人倍率 0.82倍 新規求人倍率 1.31倍
11月 有効求人倍率 0.80倍 新規求人倍率 1.31倍
10月 有効求人倍率 0.80倍 新規求人倍率 1.29倍
09月 有効求人倍率 0.81倍 新規求人倍率 1.24倍
08月 有効求人倍率 0.83倍 新規求人倍率 1.33倍
07月 有効求人倍率 0.83倍 新規求人倍率 1.31倍
06月 有効求人倍率 0.82倍 新規求人倍率 1.32倍
05月 有効求人倍率 0.81倍 新規求人倍率 1.35倍
04月 有効求人倍率 0.79倍 新規求人倍率 1.28倍


スポンサーサイト

平成23年9月~平成24年3月失業率・求人倍率 2012.01.22

労働力調査(総務省)
http://www.stat.go.jp/data/roudou/rireki/gaiyou.htm(結果概要)
03月 完全失業率 4.4% 完全失業者数 289万人
02月 完全失業率 4.5% 完全失業者数 315万人
01月 完全失業率 4.6% 完全失業者数 291万人
12月 完全失業率 4.6% 完全失業者数 275万人
11月 完全失業率 4.5% 完全失業者数 280万人
10月 完全失業率 4.5% 完全失業者数 288万人
09月 完全失業率 4.1% 完全失業者数 275万人 
※3月~8月、岩手、宮城、福島の3県を除き集計していましたが、9月分結果から含めた全国結果の公表を再開

一般職職業紹介状況(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/114-1.html
03月 有効求人倍率 0.76倍 新規求人倍率 1.19倍
02月 有効求人倍率 0.75倍 新規求人倍率 1.27倍
01月 有効求人倍率 0.73倍 新規求人倍率 1.20倍
12月 有効求人倍率 0.71倍 新規求人倍率 1.22倍
11月 有効求人倍率 0.69倍 新規求人倍率 1.18倍
10月 有効求人倍率 0.69倍 新規求人倍率 1.18倍
09月 有効求人倍率 0.67倍 新規求人倍率 1.11倍


平成23年2月発表 労働統計 2011.02.20

毎月勤労統計調査(平成22年12月分結果確報)(厚生労働省2/16)
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/22/2212r/dl/pdf2212r.pdf
【調査結果のポイント】
(前年同月比でみて)
○現金給与総額は0.1%増
○所定外労働時間は5.1%増
○常用雇用は0.6%増

毎月勤労統計調査(平成22年分結果確報)(厚生労働省2/16)
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/22/22r/dl/pdf22r.pdf
【調査結果のポイント】
(前年比でみて)
○現金給与総額は4年ぶりの増加
○所定外労働時間は3年ぶりの増加
○常用雇用は7年連続の増加

労働力調査(詳細集計) 平成22年平均(速報)
総務省統計局が21日公表した労働力調査詳細集計結果によると、完全失業者(334万人)のうち、失業期間が1年以上の完全失業者は121万人と1年前に比べ26万人増加し、比較可能な02年(平成14年)以降で最多となった。雇用者(役員を除く)5,111万人のうち、正規の職員・従業員は3,355万人と1年前に比べ25万人減少、非正規の職員・従業員は1,755万人と同34万人増加した。

平成22年平均(速報)結果の要約
  http://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/nen/dt/pdf/youyaku.pdf

一般職業紹介状況(平成23年1月分)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r985200000137pd.html
厚生労働省が1月28日発表した一般職業紹介状況によると、1月の有効求人倍率(季節調整値)は0.61倍で前月と同水準。正社員の有効求人倍率は0.40倍で前年同月比0.11ポイント上回った。都道府県別の有効求人倍率(季節調整値)をみると、最も高いのが福井県の1.03倍、最も低いのが沖縄県の0.30倍となった。
1月の有効求人(季節調整値)は前月に比べ2.0%増となり、有効求職者(同)は2.4%減。
1月の新規求人倍率(季節調整値)は1.02倍(前月比0.03ポイント増)。新規求人は前年同月比18.8%増(原数値)。
 
平成23年1月分労働力調査(速報)
http://www.stat.go.jp/data/roudou/rireki/tsuki/pdf/201101.pdf
3月1日発表1月の完全失業率(「労働力調査」総務省統計局)は前月と同率のの4.9%。男性は5.3%、女性は4.2%。完全失業者数は310万人で前年同月比13万人の減少。求職理由別に前年同月と比べると、「勤め先都合」は21万人の減少、「自己都合」は6万人の増加。また就業者数は6213万人で前年同月と同数。

〔その他厚生労働省3月1日発表の雇用関連概況〕

「休業等実施計画の受理状況(速報)」(1月)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000013gs7.html
 ・事業所数 56,023か所(前月比1,738か所減)
 ・対象者数 90万6,078人(前月比90,655人減)


平成23年1月発表 労働統計 2011.01.23

毎月勤労統計調査(平成22年11月分結果確報)(厚生労働省1/18)
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/22/2211r/dl/pdf2211r.pdf
【調査結果のポイント】
(前年同月比でみて)
○現金給与総額は0.2%増
○所定外労働時間は6.1%増
○常用雇用は0.7%増(一般労働者▲0.2%パートタイム労働者△2.7%)

一般職業紹介状況(平成22年12月分)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000000zu5i.html
厚生労働省が1月28日発表した一般職業紹介状況によると、12月の有効求人倍率(季節調整値)は0.57倍で前月と同水準。正社員の有効求人倍率は0.38倍で前年同月比0.10ポイント上回った。都道府県別の有効求人倍率(季節調整値)をみると、最も高いのが福井県の0.96倍、最も低いのが沖縄県の0.31倍となった。
12月の有効求人(季節調整値)は前月に比べ0.4%増となり、有効求職者(同)は0.6%減。
12月の新規求人倍率(季節調整値)は1.01倍(前月比0.06ポイント増)。新規求人は前年同月比15.8%増(原数値)。
 
平成22年12月分労働力調査(速報)
http://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/tsuki/pdf/05400.pdf
同日発表の12月の完全失業率(「労働力調査」総務省統計局)は前月比0.2ポイント低下の4.9%。男性は5.4%、女性は4.4%。完全失業者数は298万人で前年同月比19万人の減少。求職理由別に前年同月と比べると、「勤め先都合」は23万人の減少、「自己都合」は3万人の増加。また就業者数は6228万人で前年同月比5万人の増加。

〔その他厚生労働省1月28日発表の雇用関連概況〕

「休業等実施計画の受理状況(速報)」(12月)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001135s.html
 ・事業所数 57,761か所(前月比2,872か所減)
 ・対象者数 99万6,733人(前月比4,897人減)


平成22年12月発表 労働統計 2010.12.30

平成22年毎月勤労統計調査特別調査
※7月31日現在における常用労働者1人以上4人以下の事業所についての調査。毎月行なわれる5人以上の事業所の調査を補完するもの。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/tokubetu/10/dl/pdf22toku.pdf

  性、年齢階級別きまって支給する現金給与額
H22毎月勤労統計特別調査

毎月勤労統計調査(平成22年10月分結果確報)(厚生労働省12/17)
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/22/2210r/dl/pdf2210r.pdf
【調査結果のポイント】
(前年同月比でみて)
○現金給与総額は0.5%増
○所定外労働時間は6.2%増
○常用雇用は0.7%増(一般労働者▲0.1%パートタイム労働者△2.7%)

一般職業紹介状況(平成22年11月分)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000000ylpg.html
厚生労働省が12月28日発表した一般職業紹介状況によると、11月の有効求人倍率(季節調整値)は0.57倍で前月比0.01ポイント上昇。正社員の有効求人倍率は0.36倍で前年同月比0.09ポイント上回った。都道府県別の有効求人倍率(季節調整値)をみると、最も高いのが福井県の0.94倍、最も低いのが沖縄県の0.33倍となった。
11月の有効求人(季節調整値)は前月に比べ1.9%増となり、有効求職者(同)は0.2%増。
11月の新規求人倍率(季節調整値)は0.95倍(前月比0.02ポイント増)。新規求人は前年同月比22.6%増(原数値)。
 
平成22年11月分労働力調査(速報)
http://www.stat.go.jp/data/roudou/rireki/tsuki/pdf/201011.pdf
同日発表の11月の完全失業率(「労働力調査」総務省統計局)は前月と同率の5.1%。男性は5.4%、女性は4.7%。完全失業者数は318万人で前年同月比13万人減少。求職理由別に前年同月と比べると、「勤め先都合」は25万人の減少、「自己都合」は7万人の増加。また就業者数は6252万人で前年同月比8万人の減少。

〔その他厚生労働省11月30日発表の雇用関連概況〕

「休業等実施計画の受理状況(速報)」「大量雇用変動届の提出状況(速報)」(11月)
○休業等実施計画の受理状況
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000000zklk.html
 ・事業所数 60,633か所(前月比3,762か所減)
 ・対象者数 100万1,630人(前月比54,635人減)
○大量雇用変動届の提出状況
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000000zkz9.html
  10月の離職者数 5,393人(前月比2,917人減)

非正規労働者の雇止め等の状況(12月速報)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000000z545-img/2r9852000000z55m.pdf
平成20年10月から来年3月までに実施済み又は実施予定として、12月17日時点で11月報告以降に新たに把握できたもの。

 75事業所 2,188人
 就業形態別の対象人数の内訳は「派遣」が449人(20.5%)、「契約(期間工等)」が718人(32.8%)、請負が170人(7.8%)、その他851人(38.9%)。


«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。